数十年ぶりにアイススケートで楽しむ。

派遣のアルバイトでアイススケート場で働いています。普段はひろばの所に冬の間だけアイススケートリンクになります。

屋外のリンクなので仕事中は吹きさらしの中で過ごしています。滑っている方はかなりの運動量になりジャケットも脱いでもホカホカした様子で過ごされています。

ほぼ毎日働いていますが、たまの休みの日に主人とどこに行こうか話をしていました。一度私の働いている所を見てみたいとの事でアイススケート場へ行く事になりました。

こっそり同僚に差し入れを渡すとそのまま入ってもいいよと言って頂き、中に入りました。スケート靴を借りてスケートリンクに立ちました。アイススケートをしたのは小学生の頃が最後で実に数十年が経っています。

スムーズに滑られる自信がありましたが、アイススケートリンクの上に立つと急に自信が無くなってきました。

柵を持たないと立てない状態で、靴も窮屈でしっくりハマりませんでした。

それでも数分間試行錯誤をしていると何も持たなくても立てる様になりました。リンクの中程まで移動し、スルスルと滑る事ができました。

主人のスケート姿は見た事がありませんでした。元々運動神経がいいのですが、どんなものか様子を見ていると靴を履いて直ぐに滑れている状態でした。

しばらく二人でアイススケートを楽しみました。

数分間滑るだけで汗をかくくらいの運動量でした。お客さんの気持ちが分かりました。

イルミネーションもしているので夕方になると辺り一面綺麗なネオンでキラキラしていました。

スケートを楽しんだ後は一緒に食事に出掛けました。

普段と違った休みを過ごす事が出来て大変充実した日でした。

しかし、大変だったのは翌日です。筋肉痛になってしまったのです。

普段使っていないであろう筋肉が悲鳴を上げて階段の昇降でさえも悲鳴をあげそうになるほど痛かったです。

楽しかったアイススケートの代償は思いの他痛みを伴うものでした。

でも、又機会があれば行きたいなと思いました。こちらもどうぞ>>>>>http://dreamin-eye-rich.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です