シボレークルーズワゴンに乗ったドイツ人の感想

シボレーは、ヨーロッパで静か〜に販売量を高めています。シボレーは、より知名度と販売量を高めながら、一定のレベルに到達した場合オペルの運命にも影響を与える可能性がありますので、業界関係者の視線がシボレーの動きに集中しています。

このようなシボレーの動きにはクルーズも一役手伝っています。クルーズワゴンとセダンに続き、欧州市場で最もアピールできる力を持つワゴンも販売を開始しました。果たしてどのような結果になるか、その結果が非常に気になります。

今日は、この車の第一印象を確認することができる内容を紹介したいと思います。アウトビルトは、読者を対象にする試乗イベントにシボレークルーズワゴンが提供され、申請した読者の中で選ばれた7人が1泊2日かけて試乗をしました。

参加者は7人。二十歳の大学生から主婦、そして66歳の最高齢の申請者までの職業と年齢は様々です。専門的な評価やディテールな情報がなく、その点がちょっと残念だが、一応二日間試乗をしながら、ディテールな評価をしたので、それなりの商品としてどのようなスケールになったと思います。

試乗したところは、ケルン市内や周辺の道路、そして空港など多様でした。では、この車に乗った人の反応はどうだったでしょうか?まず、59歳の銀行員は、 “全体的に静かな方でした。加速でも騒音が大きくなくて良かった。しかし、スタートさせる時や低速での運転をする時は、この車がディーゼル車であることが明らかになる。デザインはあまりですが、安定感のある走りを見せてくれています。 “と言いました。